« 2012.6.30 北相木川 | トップページ | 2012.7.21 雲上の渓 »

2012.7.14-15 相木川

連日九州地方の大雨が報道され、関東甲信地方も局地的大雨ということでしたが気象庁ホームページでは長野北相木は比較的降雨量が少なかったため、せっかくの3連休なので相木川へ出かけてきました。

20120714_p300__018

1日目は南相木川。降雨量が少なかったとはいえ、全国的に雨だったため、増水気味。他の川の増水が激しいため、比較的雨が少なかった相木川にはけっこう釣り人が入っていました。

20120714_p300__019

でも魚の活性はよく、サイズは小さいものの、ここぞというポイントにはだいたいアマゴがついていました。

20120714_p300__022

上のアマゴ。幅広でなかなかいいプロポーション!

20120714_p300__038

上流の気に入りのポイント。2つの流れが合流する絶好のポイントなんですが、アタックはあったもののヒットせず。

20120714_p300__083
2日目は北相木川の上流から入渓。入渓早々にいいサイズのイワナがヒット。鰭が大きくていい引きでした。でもその後は1匹追加したのみで急にあたりがサッパリに。どうも先行者のあとだったようで川には新しい靴跡がテンテンと。

20120714_p300__090

途中であきらめ、さらに上流の堰堤まで移動し入渓。いいポイントなんですがここも先行者が攻めたあとだったようであたりはあったもののヒットせず。

20120714_p300__097

堰堤上はプールになっていてイワナがクルージングしているのが見えます。フタスジモンカゲロウのハッチにライズしていましたが偽物のフライには反応なし。かなりスレテいるようです。勝ち目がないので退散。

20120714_p300__045

下流の湖へ移動。あちこちにライズがありますがクルージングしているので狙いようがなくお手上げ。写真中央はライズリングの波紋。

20120714_p300__102

ライズのターゲットはフタスジモンカゲロウ、かなりの数がハッチしていました。今がハッチのピークでしょう。

今回の釣行は北相木川の上流の開拓でしたが時間の都合で堰堤までに。今回は釣り人が多く、釣果はイマイチでした。堰堤から上流はこれからが涼しく釣りができるはずですが次回の楽しみということで。

|

« 2012.6.30 北相木川 | トップページ | 2012.7.21 雲上の渓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195199/46424465

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.7.14-15 相木川:

« 2012.6.30 北相木川 | トップページ | 2012.7.21 雲上の渓 »