« 2014.4.26 千曲川 | トップページ | 2014.5.17 千曲川支流・本流 »

2014.5.2-3 千曲川支流

GW真っただ中に清里高原の観光半分で千曲川支流に行ってきました。例年のことですがGWはどこへいっても釣り人でいっぱいで釣り人の数と反比例して魚の反応は鈍かったです

20140502_rx100__002

最初に入った支流。水量は平水でポイントもたくさんあるんですがドライフライに反応ありません。虫のハッチも少なかったこともありますが川の両側には先行者の足跡がくっきり、何人もの釣り人が入ったあとのようです。これじゃぁ反応鈍い訳だ。

20140502_rx100__006

堰堤の落ち込みで魚影発見!しつこくフライを流していると突然川底からまっしぐらにフライに飛びつきました。一応釣果ゼロは回避。

20140502_rx100__012

イワナの渓かと思いきやヤマメもいました。この後先行していた餌釣り人に追いついたため脱渓、次の支流へ移動。

20140502_rx100__026

移動先の支流は釣り人の姿は見かけませんでしたが魚も見かけませんでした。川底に複数の魚影を発見したのでニンフで攻めても反応ありません。よく見たらウグイの群れということがわかり戦意喪失。それを機に早めにこの日の釣りは終了し宿泊先のホテルへ直行

20140502_rx100__070

翌日清里の観光の後、イブニングで前日と同じ支流の上流部へ入渓。先行者の車が止まっていましたがどこも先行者ありなので実績のある区間を選択

20140502_rx100__061

反応が鈍いなりに時々フライにでるんですがすっぽ抜け、バラシの連続。魚がスレテいるのでまともにフライを咥えていないようです。それでもなんとか色黒のイワナが出てくれました。サイズの割にいいヒキでした。その後沈黙の時間が過ぎたところで日没前に終了。いや~それにしてもGWは釣り人が多くてまいりました。やっぱりいい釣りができるのはGW明けになりそうです。また新緑の頃に行ってみます。

|

« 2014.4.26 千曲川 | トップページ | 2014.5.17 千曲川支流・本流 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195199/56075260

この記事へのトラックバック一覧です: 2014.5.2-3 千曲川支流:

« 2014.4.26 千曲川 | トップページ | 2014.5.17 千曲川支流・本流 »