« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016.1.24 野鳥観察 in 谷戸山公園

天気が良かったので久しぶりにカメラを持っていつもの谷戸山公園へ野鳥観察に行ってきました。
今年一番の冷え込みでしたがたくさんの野鳥が元気に飛び回っていました

20160124_009_edited1

広場の木の枝にいたのはジョウビタキのメス. 同じ場所にずっといました

20160124_014

黄色い嘴が特徴のイカル. 最近見かけるようになったようですが、すぐ出会えてラッキーでした

20160124_015

アオゲラは2羽いました. つがいでしょうか

20160124_033

枯葉の中の餌をさがしているのはシロハラ

20160124_057

日向にいたモズ. 嘴の先が曲がっているのが特徴的です

20160124_063_1

湧き水が出ているところにいたキセキレイ

20160124_072

暗い藪の中にいたシメ

20160124_091

木の実があるところにいたツグミ

20160124_092

藪の中で忙しく動きまわっていたアオジ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.1.4 野鳥観察会 in 谷戸山公園

昨日に引き続き谷戸山公園へ野鳥観察へ行ってきました.

20160104_007

カメラマンが集まっていたので何がいるか聞いたところ猛禽類のノスリがいるというので指さす方向を見ると50mくらい先にいました.

20160104_022

藪の中を忙しく飛び回っているのはウグイス.

20160104_027

ヤマガラは木の割れ目で餌をさがしているようです

20160104_045

アオゲラも姿を現しました. アオゲラもあまり姿を見かけませんが発見できてラッキーでした

20160104_047
エナガは群れでやってきてアッという間に飛び去ってしまいます. エナガのつぶらな瞳は癒されます.

20160104_004

高い木の上で残っている木の実をつまむヒヨドリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.1.2-3 野鳥観察 in 谷戸山公園

正月三が日に久しぶりに家の近くの谷戸山公園で野鳥観察してきました.

20160102_p520_006

この大きな鳥はフクロウです. こんな市街地の中の公園にもいるんですね. 夜行性なので昼間はじっとしています. 周りにはカメラマンが大勢いました. 残念ながら顔が見えませんでした

20160103_a6_022_1

メジロ 紫色の木の実をつまんでいました.

20160103_a6_027_1

シジュウカラ 鳴き声で近くにいるのがわかります

20160103_a6_036_1

コゲラ. コゲラはよく見かける鳥です

20160103_a6_039_1

エナガ. 動きは早く写真を撮るのに苦労しました

20160103_a6_008

越冬のカモ. 谷戸山公園にはマガモ、コガモがたくさんいます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.1.10 FISH ON 鹿留

今年のオヤ友の新年会で山梨県都留市のFISH ON 鹿留へ行ってきました。

参加者は幹事役の愚鱒さん、Hikaruさん、たつとさん、minoruさん、あだむすパパさん、nakanoさん、Astrumさん、ストーン変人さんと私を入れてなんと総勢9人. 久しぶりに大勢で盛り上がってきました.

20160110_rx_013天気はほぼ快晴!寒波の襲来で日陰は寒いものの陽があがると暖かく、絶好の釣り日和 3連休ということもあり釣り人がたくさん入っています.大半はルアーでフライは少数派

20160110_rx_033ます川でニジマスの群れにニンフをプレゼント 30cmくらいのニジマスですが鰭もしっかりしていてここの魚はコンディションがいいようです

20160110_a6_012お昼は楽しみにしていたバーベキュー 久しぶりに肉をたらふく食べました 大勢で突っついて食べるバーベキューは最高!

20160110_a6_016名人芸といえるほどのストーン変人さんの絶妙なヘラさばきで作った焼きそばも絶品でした

20160110_a6_025全員で記念撮影. 久しびりの全員 集合!

20160110_rx_041午後はポンド ほとんど入れ食い状態 魚影は濃密です

20160110_rx_052帰りは「芭蕉月待ちの湯」で芯まで冷えた体を温めました。露天風呂の温度がちょうどよくて長湯してしまいました。

愚鱒さんお世話になりました.おかげさまで今年もいいスタートがきれました 参加したみなさん、ありがとうございました.今年もよろしくお願いしまっすm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »