2017.6.29 奥飛騨の渓

休みを利用して久しぶりに奥飛騨の渓へ行ってきました。

100

到着はお昼近くでC&Rエリアの下流から入渓

101

雪代はだいぶ収まっていますがまだ対岸への渡渉は厳しい状況です、渡渉できる場所は限られています

102

深い瀬からフライに飛びついてきたのは体高のあるニジマス、元気いっぱいにヒキました

103

曇り一時雨の予報でしたが強い日差しが照り付けます

104

深い瀬がある場所で一休み、遠くには北アルプスの峰々が見えました

105

深い瀬の底から浮き上がってフライに飛びついたのはヤマメでした、サイズのわりによく引きました

106

C&Rの最上流部に到着、早い瀬から何尾かフライを追ってきましたがフッキングせず

107_2

堰堤下では大物が潜んでいるらしく、小魚が一斉にジャンプするなぶら現象がありました

108

C&Rの最下流部へ移動、するとすく美形のイワナがでました

109

雨が降り出してからニジマスがヒット、その後は雨が大粒になってきたため、イブニングもそこそこに切り上げました。イブニングで大物を期待していましたが残念、次回の楽しみにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.6.3 奥日光湯川

仲間3人と新緑がまぶしい奥日光の湯川へ行ってきました

20170603_019

赤沼茶屋に7時半到着。天気は快晴、気持ちのいい天気になりました、早速釣券を購入し仲間の到着を待ちます

20170603_027

仲間と合流し湯滝へ、最近雨が降ったためでしょうか湯滝の水量が多いように感じられます

20170603_046

滝下でいいサイズのブルックがでました、出だしは最高です、期待が膨らみます

20170603_051

倒木が自然さを感じさせてくれます、湯川は癒されます

20170603_062

20センチくらいのブルックがドライフライにもニンフにも頻繁に出てくれます。魚影は濃いようです

20170603_072

斑点がきれいなブルック

20170603_086

小滝は新緑がよく似合っていました、ここは絵になりますね

20170603_127_2

途中で昼食を済ませ、午後から下流域へ。下流も新緑のトンネルが絵になります

20170603_133

あちこちにズミの花が目立ちます

20170603_148

湯川の絶景ポイントの1つ、枯れ木と湯川がよく似合います

20170603_159

下流は魚影が薄いせいか釣り人もまばら

20170603_163

赤沼茶屋まで下ってから再度湯滝へ移動、夕マヅメを楽しむつもりが急に冷たい風が吹き出し気温も1桁となり寒さに我慢できず、早めに終了

Dsc09307

全員で集合写真

みなさん、今回もお世話になりました、ありがとうございました、また次回もよろしくお願いしますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.5.20 千曲川支流

新緑がまぶしい千曲川支流へ行ってきました。天気は快晴で新緑が本当にきれいでフライフィッシングには最高の季節到来です。ドピーカン状態ですが海抜1000m以上あるので快適です。

20170520_001

高速の事故渋滞にはまり、9時過ぎに到着。最初は比較的下流部で入渓、いい流れですがすでに先行者が釣った後なのかまったく反応無し

20170520_002

上流域へ移動。ちょうど先行者が帰るところに出会い期待は完全にしぼみましたが時間が経っていればそこそこ釣れるだろうと入渓を決断

20170520_003

すると細い流れですがそこそこの反応があり、きれいなイワナを出ました。サイズは20cmをちょっと超えたくらいですがケッコウいい引きをしてくれました、イワナはヤマメに比べ引きはいいですね、一気に期待が高まります

20170520_004

竿抜けポイントからまあまあサイズのイワナが出てくれました

20170520_005

初夏の天気で気持ちのいい渓相、ハルゼミの鳴き音がこの川での釣りの盛期を感じさせてくれます。

20170520_006

たまにアマゴも釣れますが12cmくらいのかわいいサイズ

20170520_007

移動途中に咲いていた藤の花、青空によく似合いますね

20170520_008

イブニングは千曲本流へ。大物を感じさせるライズがあったもののノーヒット、残念!フライが見えなくなるまで粘ってしまいました。

帰りは清里にある温泉でのんびり疲れを癒しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.3.31 神流川

今年度最後の有給休暇をとって2週連続でHikaruさんと神流川へ行ってきました。

Dsc01441

天気は曇り、気温は一桁台。さすが平日とあって釣り人は2~3人程度、ほぼ貸し切り状態です。

Dsc01448

最初はニンフ。すぐ良形のヤマメが出てくれました。

Dsc01451

たまにライズがあるのでドライフラにチェンジ、するとドライフライに次々にヤマメがヒット、低気温はあまり影響がないようです。

Dsc01454

Dsc01460

Dsc01470

Dsc01490

午後からヴィラせせらぎ裏へ移動。この頃から雨が降り出し本降りに。雨の中でもドライフライに反応があります

Dsc01497

十分釣れて満足な釣果でした。体も冷えてきたので早めに切り上げてヴィラせせらぎの温泉に入り、帰途につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.3.25 神流川

2017年度の解禁は神流川に行ってきました。同行者はHikaruさんです。

Dsc01378_3

天気は快晴で絶好の釣り日和。まずヴィラせせらぎ裏から開始です。土曜日ですが釣り人の姿はまばらです。重機が入り川をいじったため渓相が悪化したことが原因でしょうか。

Dsc01394_3

ライズがないのでニンフを沈めると最初の1尾目がヒット、久々のヤマメに感激です。

Dsc01400

魚影は濃いのでコンスタントにヒットします。

Dsc01415

午後から上流の役場前に移動、ここも土曜にしては釣り人が少ない感じです。

Dsc01421

ライズがあったのでドライフライにチェンジ。フライには反応するもののなかなかフッキングしませんでしたがやっと出てくれました。体高のある納得サイズのヤマメです。

Dsc01433

役場上流も重機により渓相がずいぶん変わってしまいましたが魚はかなり入っています。ここはドライフライで何匹が出てくれました。

例年の解禁は千曲川などの一般河川だったので寂しい釣果でしたが今回は満足な釣果でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.28 神流川冬季ニジマス釣り場

Hikaruさん、愚鱒さん、アダムスパパさんと強烈なヒキで有名な神流川のハコスチを釣りに行ってきました。しかし残念ながら釣れたのは普通のニジマスばかりでハコスチを釣ることはできませんでした。

Dsc01021

天気は曇り、午後からは雨。神流川も紅葉はこれからが見頃。

Dsc01025

水量は少ない気がしますが、魚がいるのがわかります。かなりの大形ですがペアリングしている魚もいます。

Dsc01052_2

すぐ釣れると思っていましたがなかなかフライを咥えません、連日釣り人にいじめられているのかかなりのスレようです、それでもやっと浅い瀬からニジマスがでました、普通のニジマスですが。

Dsc01057

平日のせいか他の釣り人は2~3人くらい、でも釣れません。他の3人はコンスタントにいい形のハコスチを釣り上げているようです。

Dsc01056_2

昼食はイノブタの焼き肉、味が濃くてなかなか美味でした。

Dsc01059

4時過ぎまで粘ったものの結局ハコスチを釣り上げることはできませんでした、残念、腕が悪いので仕方ありませんがしかし釣るコツは少しわかったのでまた挑戦します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.8.19 山梨県K川支流

台風後でしたが山梨県はあまり雨が降っていなかったようなのでK川水系に出かけてきました。午後からは雨の地域が多いので近場にしました。

20160818_01本流は少し増水気味。増水後の大物を期待してか餌釣の人が何人か入っていたのであきらめて支流へ移動。

20160818_02逆に支流は渇水気味です。ポイントが限られますが何とか釣りができる状態。でもちょっと近づいただけで何尾もの魚に走られました。尺クラスの大物にも走られて万事休す

20160818_03やっと釣れた小さいヤマメ。

20160818_04_4なんとか満足のヤマメが出ました。しかしこの後にサイズアップしたヤマメをバラシ

予定の半分の距離も釣っていないところで前方に餌釣師発見、そういえば途中から急に魚の反応がなくなっていましたが原因がわかりました。すぐに脱渓しましたが脱渓直前に局地的な大雨に見舞われて全身ビッショリに。前回良かったんですが今回は運がよくなかったようです、また出直すことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.7.31 開田高原の渓

涼を求めて開田高原に行ってきました。高原の風は涼しいものの陽射しが厳しく、朝と夕方だけ釣ってきました。

20160730_01水量は平水で水はクリア、あとは釣るだけですがなかなかでません。

20160730_01_1絶好のポイントも小さな魚のバイトがあるだけで沈黙。

20160730_02水はクリアで冷たくて最高

20160730_02_1やっと小さなイワナがきました

20160730_03アマゴはスレているのかなかなかヒットしません、やっと15cmくらいの小タナビラがヒット

20160730_04ヤマトイワナを釣りたかったのですがニッコウイワナがヒット、まあまあのサイズなので贅沢はいわないことに

20160730_05昼間は陽射しがきついので観光しました。ブルーベリー狩りでブルーべりーを飽きるほど食べました。

20160730_06開田高原は木曽馬のふるさと

20160730_07イブニングは下流に入渓

20160730_08あちこちでライズがあったのでフライを流すとライズの主は小さなイワナでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.7.2 千曲川

天気予報では一日中曇り、釣りには好条件なので急遽千曲川へ行ってきました。

20160702_004_1

天気予報では曇りでしたがドピーカン状態、しかも千曲川は減水状態で釣りにはマイナス要因。

20160702_009_1

ということで本流をあきらめ支流へ潜り込みますが支流も渇水状態。渇水の中でもバイカモの花が満開を迎えていました。

20160702_006

支流では大きなサイズの魚が時々出ますがなかなかフライを咥えてはくれません

20160702_029_1

イブニングで再度本流へ移動

20160702_016

広いプールでやっと満足サイズがでました。28cmの幅広の本流アマゴ

20160702_024
結局この1尾が最後の1尾に。欲を言えばもう2尾くらい釣りたかったですがまた次回に挑戦です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.6.23-25 荒雄川

6月23日から3日間、オヤ友のオフ会で東北宮城県の荒雄川へ行ってきました。参加者はあだむすパパさん、Hikaruさん、たつとさん、愚鱒さん、Astrumさんを含めて6人

20160623_rx_020

今回の参加者:6人

20160623_003

初日から雨、梅雨前線が近づいているようです。ドライフライは無理そうなので沈めて釣ることに。

20160623_009

B区間はヤマメエリア。しかし簡単に釣れません、例年だといっぱい釣れたんですが水温が下がったせいですかね。このヤマメを釣っている最中にすぐ近くでクマが出現したらしいです、釣りに夢中で気が付きませんでした。

20160623_031

今宵の宿、ペンション森りんこさん、今度で4回目です。またお世話になります。

20160623_027

ここの料理が楽しみの1つです、特にこのステーキは絶品!、口の中でとろけます。

20160623_064

翌日は雨があがり、ニジマスのA区間で釣ることに。ここも簡単には釣れません、結局ノーフィッシュ。

20160623_096

午後からA区間の山桑橋で釣ることに。

20160623_115

ここにはヤマメがたくさんいます、ドライフライで何尾かでました。

20160623_rx_005

山桑橋での一コマ

20160623_185

翌日は前の夜にかなりまとまった雨が降ったため、荒雄川の本流はカフェオレ状態に。これでは釣りは無理です。

20160623_198

支流の軍沢川は多少の濁りがあるものの、何とか釣りができそうだったのでしばらく上流へ釣りあがったものの反応はゼロ。

20160623_210

支流をあきらめ、本流の様子を見に行くと道路になんとクマがいました。生でクマを見たのは初めてで緊張しました。思ったより大きいんですね、このクマは2日前の小柄なクマではなく、かなり大きそうです。危険なので刺激しないようにそっと退散。

ということで天候にも釣果にも恵まれませんでしたが、みんなで行った釣りの旅は不思議と楽しかった気がします。いろんなことがあったので忘れられない釣行となりそうです。一緒に行ってもらったみなさんにはあらためて感謝します。またよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧